【初心者向け】動画編集を副業にするロードマップを解説

動画編集

本記事にはプロモーションが含まれています。

悩んでいる人

動画編集に興味があり、副業にしたいと考えています。しかし、動画編集を副業にする方法が分かりません。私にでも分かりやすく動画編集を副業にするロードマップを解説してください!

今回はこのようなお悩みを解決します。

content_paste 本記事の内容

  • 動画編集を副業にするロードマップを解説
    • 動画編集で必要な機材を揃える
    • 動画編集ソフトはAdobe製品がおすすめ
    • 動画編集を学ぶ方法を決める(スクール、独学)
    • 自主制作をする
    • ポートフォリオを作成する
    • SNSやクラウドソーシングサイトに登録して営業をする

この記事を読んでいるあなたは、動画編集を副業にしたいと考えています。そして、動画編集を副業にするためのロードマップを調べています。

動画編集を副業にするためには、どのように歩んでいけばよいか分からないですよね。

そもそもですが、動画編集を本当に副業にできるかどうか分からないですよね。

スバル

私も最初は動画編集で本当にお金がもらえるのかどうか分からずにいました。現在は動画編集で収益を上げられるようになりました。

動画編集のロードマップはざっくりと記載すると下記の通りです。

done 動画編集のざっくりとしたロードマップ

  • 動画編集で必要な機材とソフトを揃える
  • スキルを身に付ける
  • 実績を作る
  • クラウドソーシングサイトなどで営業し案件獲得を目指す

このようになります。本記事では、上記のロードマップを詳しく分かりやすく解説します。

この記事を読んで、動画編集を副業にする一歩を踏み出してください!

動画編集を副業にするロードマップを解説

それでは早速、動画編集を副業にするロードマップを解説します。

動画編集を副業にするには、下記の手順で進めることがおすすめです。

done 動画編集を副業にする手順

  1. 動画編集で必要な機材を揃える
  2. 動画編集ソフトはAdobe製品を選ぶ
  3. 動画編集のスキルを学ぶ(スクール、独学)
  4. 自主制作をする
  5. ポートフォリオを作成する
  6. SNSやクラウドソーシングサイトなどに登録して営業をする

上記のような手順で進めることがおすすめです。一つずつ解説します。

①動画編集で必要な機材を揃える

最初は動画編集で必要な機材を揃えます。動画編集で必要な機材は下記の通りです。

done 動画編集で必要な機材

  • PC
  • モニター
  • キーボード
  • マウス
  • ヘッドホン
  • 動画編集ソフト

上記の機材を揃えれば動画編集を始めることが可能です。動画編集ソフトは後ほど解説します。

スバル

モニター、キーボード、マウス、ヘッドホンはあなたが既に持っている機材で大丈夫です。PCを購入したときに付属でついてくる機材でも可能ですよ。

動画編集はPCのスペックが特に重要で、PCで必要なスペックは下記の通りです。

done 動画編集で必要なPCのスペック

名称推奨スペック最小スペック
CPU(プロセッサー)Intel Core i7 第11世代 以上
Ryzen 7000シリーズ以上
Intel Core i5 第11世代 以上
Ryzen 5000シリーズ以上
GPU(グラフィックボード)GeForce RTX 2060 以上GeForce GTX1660 SUPER 以上
RAM(メモリ)16GB以上8GB以上
ストレージ(SSD、HDD)2TB以上500GB

CPU、GPU、、メモリ、ストレージの4種類を重視してPCを選ぶことがおすすめです。推奨スペックであれば、Adobeの動画編集ソフトも快適に使用することができますよ。

下記の記事で、PCなどそれぞれの動画編集で必要な機材の選び方、おすすめの機材を厳選して解説しています。
どの記事も3分程度で読むことができますよ。

②動画編集ソフトはAdobe製品がおすすめ

次は動画編集ソフトを選びます。副業にするなら「Adobe Premiere Pro」を選ぶことがおすすめです。

Adobeがおすすめの理由として、ココナラやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトでは、Adobe Premiere Proで動画編集のスキルを求められることが多いからです。

ココナラやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトを一度見てみてください。

Adobe Premiere Proの動画編集ソフトのスキルを求められていることが多いです。

Adobe Premiere Proは映像制作業界でも使用されている玄人向けの動画編集ソフトです。プロのスキルを求めているクライアントが多い印象ですね。

Adobeの動画編集ソフトのスキルを求められることが多いので、動画編集ソフトは「Adobe Premiere Pro」を選ぶことがおすすめです。

スバル

Adobeの動画編集ソフトに「Adobe After Effects」もあります。こちらはモーショングラフィックスなど映像制作におすすめのソフトですよ。

Adobeの動画編集ソフトは高いと感じていますか?こちらの記事で、Adobeの動画編集ソフトをお得に手に入れる方法を解説しています。ぜひ参考にしてください。
Adobeの動画編集ソフトをお得に手に入れる方法を解説を読む

③動画編集のスキルを学ぶ(スクール、独学)

機材と使う動画編集ソフトが決まったら、次は動画編集のスキルを学びます。

スキルを身に付ける方法はスクールと独学の二つの手段があります。スクールと独学のメリット・デメリットは下記の通りです。

done スクールと独学のメリット・デメリット

方法メリットデメリット
独学・安価で動画編集のスキルが身に着けられる・スキルを身に付けるのに1年以上かかる場合がある
・不明な点などを、全て自分で調べる必要があるため挫折しやすい
・スキルを身に付けても、副業として案件を取ることが難しい
スクール・プロの動画編集スキルを短期間で習得可能
・不明な点をすぐに質問できる
・動画編集を副業にしやすくなる
・費用が掛かる

また、動画編集で必要なスキルは下記の通りです。

done 動画編集で必要なスキル

カット編集撮影した動画の必要な部分を残し、不要な部分を削除してつなぎ合わせる
テロップ入れ動画内に字幕を入れて分かりやすくする
BGM・SE(効果音)挿入動画内に音楽や効果音を入れて雰囲気を作り出す、アクセントをつける
イラスト・図形挿入絵の素材や図形の素材を入れて視覚的に動画に面白さや分かりやすさを加える
ノイズ除去映像や音声に入ったノイズを消して見やすくする
カラコレ・カラグレ動画の色調を補正し、色を加え雰囲気を作る
エフェクト入れ動画に演出を加えインパクトを付ける

スクールか独学かどちらが良いかと問われたら、スクールの方がおすすめです。

スクールがおすすめの理由として、プロの動画編集者からスキルを学べる、すぐに質問できるなどメリットがあります。

スバル

挫折する可能性も低く、早い人では3ヶ月程度で副業にする方もいらっしゃいますよ。

ポートフォリオ作成をサポートしてくれるスクールもあり、案件獲得にいち早く近づくことも可能です。

費用は掛かってしまいますが、それ以上にリターンが返ってくる可能性が高いというのがスクールですよ。

以上より、独学よりもスクールに通う方がおすすめです。

こちらの記事で、動画編集でおすすめのスクールを紹介しています。あなたに合ったスクールが見つかりますよ!
動画編集でおすすめのオンラインスクール2選を読む

④自主制作をする

スキルを身に付けたら、あなたの手で自主制作をして動画を一つ作ってみます。

自主制作を行う理由として、この後紹介するポートフォリオに載せる制作実績を作るためです。

スキルを身に付けたら案件が獲得できると思ったらそうではありません。

クライアントはあなたの制作実績を見て依頼をします。そのため、あなたがスキルを持っているという証明が必要です。

スバル

私も過去に自主制作をしました。その動画を実績にして案件を獲得した経験があります。

編集する動画は、著作権が許す範囲であれば自己紹介でも切り抜き動画でも何でも大丈夫です。

まずは1本動画を制作をして、実績を作るという事が大切ですよ。

スクールの中には、講座で制作した動画をポートフォリオにできるスクールもあります。
そのため、スクールに通えばすぐにポートフォリオを完成させることが可能ですよ。

⑤ポートフォリオを作成する

自主制作で動画編集の実績を作ったらポートフォリオを作成します。

ポートフォリオを作成する理由として、あなたがクライアントにスキルを持っている、ちゃんと仕事ができると証明するためです。

スバル

あなたが就職活動やアルバイトで申し込みをするときに、履歴書を提出しますよね。
ポートフォリオとは、クリエイターの履歴書と一緒のようなものです。

クライアントは、このポートフォリオを見て「この人はちゃんとスキルを持っている」「この人に仕事を任せられる」と判断をして編集依頼を出します。

そのため、ポートフォリオを作成することは重要な内容です。

スクールでは、このポートフォリオ作成をサポートしてくれるスクールもありますよ。クライアントに刺さるポートフォリオが作れるはずです。

また、案件を獲得して納品したら、クライアントに納品した動画をポートフォリオに載せて良いか確認することがおすすめです。

クライアントに提出した実績は、自主制作した動画よりも大きな信頼につながります。

スバル

クライアントからOKをもらって納品した、ちゃんと仕事をしたという大きな実績になります。

ポートフォリオを更新し続けて質の高いポートフォリオを作成し、更なる案件獲得を目指してください。

ポートフォリオについて詳しく知りたい場合は、ぜひこちらの記事を参考にしてください。おすすめのポートフォリオ作成サイトも紹介していますよ。
動画編集のポートフォリオの作り方を解説【作成サイトも紹介】

⑥SNSやクラウドソーシングサイトなどに登録して営業をする

ポートフォリオを作成したら、SNSやクラウドソーシングサイトなどに登録をして営業をします。

SNSやクラウドソーシングサイトでは、動画編集者を募集しているクライアントが多いです。そのクライアントに営業をして案件の獲得を目指します。

おすすめのクラウドソーシングサイトは下記の通りです。

done おすすめのクラウドソーシングサイト

こちらのサイトでは、動画編集者を探しているクライアントが多くいらっしゃいます。これらのサイトに登録をして営業を行います。

また、適切な値段設定をし、1件でも納品して実績を作れば依頼が来るようになります。

スバル

最初の1件が難しい場合は、知り合いにクラウドソーシングサイトを通して依頼をしてほしいとお願いする方法もおすすめですよ。

最初は最低単価かもしれません。案件を獲得しても時給が50円という場合もあり得ます。

しかし、諦めずに続けて案件をこなしていけば、周りから信頼されるようになるはずです。単価が上がり、副業として収益を上げられることも可能ですよ。

まとめ:ロードマップを参考に動画編集を副業にする一歩を踏み出そう!

今回は、動画編集を副業にするためのロードマップを解説しました。

改めて、動画編集を副業にするロードマップをまとめると下記の通りです。

  1. 動画編集で必要な機材を揃える
  2. 動画編集ソフトはAdobe製品を選ぶ
  3. 動画編集のスキルを学ぶ(スクール、独学)
  4. 自主制作をする
  5. ポートフォリオを作成する
  6. SNSやクラウドソーシングサイトなどに登録して営業をする

動画編集は難しいと感じるかもしれませんが、実際は難しくありません。

スクールに通い、正しい方法でスキルを身に付ければ、あっという間に副業にできるでしょう。

スバル

動画編集は手に職をつける仕事の一つです。スキルを身に付ければ一生続けられる仕事ですよ。
本業一筋だと将来心配という方に打ってつけの仕事です。

また、動画編集は今までのあなたに無かった新しい世界を見せてくれるでしょう。

よく見ている番組の裏側には必ず動画編集者がいる、一つの番組にはたくさんのクリエイターが関わっているなど視野が広がるはずです。

そのため、動画編集はあなたの人生を豊かにしてくれます。本業では得られない新しい経験も得られるでしょう。

スバル

動画編集に自信がついたら、ぜひAdobe After Effectsでアニメーションの制作、Blenderで3DCG制作など動画編集から新しい分野に派生してみてください。

動画編集を始めることで更なる世界が、あなたを待っています。

ぜひロードマップを参考に、動画編集の世界へ一歩を踏み出してください!

Posted by スバル